効率的作業を目指すには

ファストフード店の売りは、注文してから素早く商品を提供することができる速さにある。気軽に利用できるからこそ、忙しい現代人のランチに役立っている。しかし、そのサービスを提供する調理の現場では、多くの問題に直面する。食事に多くのお客が訪れる時間帯になると、ファストフード店のキッチンは非常に忙しくなる。モスバーガーは、本物志向の品質の良いハンバーガー作りにこだわっていて、特に仕事では手間ひまがかかる。そのため、いかに迅速に食事をお客に提供できるかが問題である。モスバーガーのようなファストフードのフランチャイズチェーンのアルバイトでは、効率よく調理業務が行う事ができるよう、作業工程が洗練されて効率良く作業ができるようになっている。さらに、従業員自身が、効率的な作業工程に対して順応する事が必要となる。高度な作業効率が考えられた調理工程であっても、調理を行うスタッフ自身が作業に手間取っていては、食品提供までの時間が長くなってしまう。仕事が忙しい時間帯における素早い作業の手掛かりは、スタッフ感の密接な連携作業によるところが大きい。忙しい時間帯には、複数のスタッフがキッチンで協力して調理を行う。その際に、互いに行うべき作業手順を把握し、作業の無駄をなくすようにすれば、調理時間は大幅に短縮できる。このようなスタッフ感の連帯感を持つため、アルバイトの作業時間以外にも互いに交流ができる時間を持つといい。幅広い年齢層のスタッフと、コミュニケーションを取る事によって、連帯感が生まれ効率良く仕事ができるようになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です